ヒカルとマリサ

0

    YANAGIHARAジムに5時に来て、10時に帰る。

    ボクシングのために生きる女子、その名もヒカル。

    最近、マジスカ小坂にも関心がないようで、練習密度がさらにアップ。

    しかも朝は1時間のランニングという、YANAGIHARAジムのちびっ子に、爪の垢を煎じて飲ませたいくらいのボクシング狂。

    という事で、マリサと初のマススパー。

     

     

     

     

    普通、本番では力が入るものですが、ヒカルは本当に余計な力は入らず、スムーズにパンチが出ます。

    まだ15歳。

    無口なので将来の夢は分かりませんが、これだけ1つのことに集中する能力があれば、きっと何かの世界で大物になる!とうちの親バカ会長は思ってます。

    YANAGIHARAジムのちびっ子の父兄さん。ヒカルの爪の垢、買って息子さん達に飲ませてください(笑)。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM