試合詳細

0

    昨日の小坂選手の試合です。

    肘井オジイチャンの入念なバンテージからリングチェックをし、普段より長いミット打ち。

     

     

    これは汗が出た状態で、初っ端から一気に動けるようにする為。サブセコンドには松尾トレーナーを投入、と万全の体制。

     

     

    1ラウンドから果敢に攻めて行ったのですが、今ジムで会長と修正しているところがあり、試合中不思議なことにここが修正されてるという、まさにYANAGIHARAジムの不思議男、小坂亮太の本領発揮。

     

     

    しかしここを気にしすぎたせいで、一番得意の手数が激変した事、相手がよく対策を練り、絶対倒されない工夫をして来た事の2点。これを対処出来なかった事が判定まで行った原因でした。

     

     

    しかし意外でしょうが、手数が減ったところ以外の会長の評価点は、前回が40点とすれば、今回は80点。

    スピード、まっすぐ打つ事、踏み込み方等、全て練習でうるさく言われた事を試合で出来た、という稀有な存在、その名も小坂亮太。

     

    実は試合前、小坂選手がまだ減量で苦しむ前に、ジムのみんなで雑談してる時。

    会長が小坂選手に「次に負けたら‘マグレ小坂,とリングネーム改名しちゃろうか?」と笑いを誘うも、みんな笑って和やかにしているのに全く笑わず「嫌です」。

     

    小坂よ。明日君のいないところで、コミッションに「リングネーム変更届」を提出するよ。名付けて「ホンバン小坂」!

    気に入ってくれたかい?このホンバン、という意味を知らない人がどう受け取るかは、あなた次第です(笑)。YANAGIHARAジムとしては、あくまで本番に強い小坂、と言う意味で提出します。

     

    最後に、快く再戦を受けてくれた筑豊ジム、興行主の山川ボクシングジム、YANAGIHARAジム宇部・下関後援会、小坂の職場の上司や利用者さん、そして小学生を始めとしたYANAGIHARAジムの会員みんなや父兄さん、YANAGIHARAジムOB選手。

    本当に遠いところまで応援に来ていただき、ありがとうございました!

    今後も常に進化した小坂選手をお見せしていきますので、YANAGIHARAジムの応援共々、宜しくお願い致します。

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM